トップへ戻る
BLOGS

WordPress 好きな場所にコメント欄を追加②

WordPress 好きな場所にコメント欄を追加②

前回の続きでコメントフォーム、コメント欄を追加していきます

前回まででコメントを投稿するフォームの仕組みを解説しました

今回は投稿されたコメント一覧を表示する部分の解説になります

if(have_comments()) :?>

こちらの記述でコメントが一件もない場合の処置にしています

<p><?php comments_number();

この関数でコメント数とテキストを表示するようにできます

引数としては

(‘コメントがない時’,’コメントが一件ある場合’,’コメントが複数ある場合’,);

となっている。

複数のコメントは%でコメントの総数が入る。

<ol class="comments_list">
    <?php wp_list_comments(); ?>
</ol>

こちらの関数でコメントリストを出力します

引数には$argsでstyleを指定していきます。

これらのパラメータは割愛しますが今回は書きを指定し解説します

$wp_list_comments_args = [
        'avater_size' => 50,
        'short_ping' => true,
        'type'       => 'comment',
        'reply_text' => 'お返事を出す',
        'login_text' => 'ログインしてお返事を書く'
        ];
    wp_list_comments($wp_list_comments_args); ?>

‘avater_size’ => 50,で表示するアバターのサイズを指定します

‘short_ping’ => true,はピングの表示をタイトルのみの表示に変更します

‘type’ => ‘comment’は文字列を表示するコメントの種類

‘reply_text’ => ‘お返事を出す’,で返信の文言を変更します

‘login_text’ => ‘ログインしてお返事を書く’はログインが必要な返信の際に表示させるテキストになります

<?php pagenate_comment_links();

こちらの関数はいわゆるページネーションを表示させる関数で

paginate_links()を内部で使用するため同じ引数が使用できます

今回は前後のメッセージを変更します

<?php
  $pagenate_comment_links_args = [
    'prev_text' => '←前のコメントページへ',
    'next_text' => '次のコメントページへ',
    ];
  paginate_comments_links($pagenate_comment_links_args);

これで一通りの機能やカスタマイズのための準備は整いました。

最後に完成したコードを見てみましょう

後はCSSや出力されるフォームを適所お好みで装飾していきましょう

今回は以上です

コメントをお待ちしております

お気軽にコメントをどうぞ。

CAPTCHA