トップへ戻る
BLOGS

MySQL 環境構築(Mac)

MySQL 環境構築(Mac)

あらゆるプログラミング言語を使用するに、ほとんどの場合で避けて通れないのがデータベースの基礎です。
近年ではクライアントサイドのみで簡潔するWebページも増えてきていますが、複雑なアプリケーションであったり、ブラウザを超えてデータのやり取りを行うためには、データベースの使用は必須です。

この記事ではリレーショナルデータベースを直接操作できるようにするための、環境構築するために、学びを記しておきます。

MySQLをインストールする

まずは自分のPCにMySQLをインストールするところから始めます。

Mac環境であれば、「Homebrew」のインストールして行う方法が簡単です。Homebrewのインストールが済んでいる方は次項まで読み飛ばしてください。

Homebrewのインストール

Homebrewとは、MacOSとLinux上で動く、パッケージ管理システムです。
分かりやすく言うと、Macのターミナルから簡単にソフトウェアをインストールし、依存関係があったとしても自動的に解決してくれる便利なものです。
以下からインストールします。

Homebrew公式ページ:https://brew.sh/index_ja.html

公式のホームページに行ったら、大きく「インストール」と書かれたコマンドをターミナルを開いて貼り付け、実行するだけです。

注意点として必ず最新の公式のものをコピーしてくるようにしましょう。
打ち間違いもそうですが、他の記事などのコマンドをコピーすると古くなっていてうまく行かない可能性もあるため、最新版を確認しに行きましょう。

インストールできたら確認します。

brew -v
>Homebrew 3.6.12

上記のようにバージョンが出れば問題ありません。

MySQLをインストール

すでにHomebrewが入っていた場合にも、使用する前はパッケージの更新を行ったほうが良いため、以下のコマンドで準備します。

brew update

「Already up-to-date.」と表示されれば最新バージョンです。
brew updateコマンドは最新のHomebrewとパッケージをインストールします。

次に最初から入れていたパッケージのバージョンを上げておきます。

brew upgrade

なにか作業を始めるときは上記の2つのコマンドを入力してから始めるのが良いです。

それでは、MySQLを入れましょう

brew install mysql

しばらくインストールがかかります。
完了したら、ちゃんとインストールできているか確認しましょう。

mysql --version
>mysql  Ver 8.0.31 for macos13.0 on x86_64 (Homebrew)

上記のようにバージョンが表示されれば問題ありません。

MySQLに接続する

インストールしたMySQLにアクセスするにはMySQLに標準で付属しているコマンドラインツールを使用するのが一般的です。会社によってはリッチなGUIツールを使用し、視覚的にもわかりやすく操作できるかもしれませんが、まず最初はコマンドラインツールでの利用方法を覚えて、データベースの操作に欠かせない基礎概念を覚えます。

MySQLの起動と停止

まずは大元である、MySQLの起動と停止のコマンドです。
以下のコマンドで起動できます。

mysql.server start
>Starting MySQL
.. SUCCESS! 

>の返答があれば無事にMySQLを起動できています。
次は停止方法です。

mysql.server stop 
>Shutting down MySQL
.. SUCCESS! 

これで起動ができたはずです。

この状態で、MySQLに接続することで、データベースの操作が可能になります。
それではもう一度MySQLを起動して、接続するコマンドを入力してみます

mysql -uroot

コマンド入力後、ターミナルのディレクトリの部分が、「mysql>」になっていれば接続は完了です。
作業が完了したら、接続を解除します。

exit
>Bye

ここまで基本的な起動と停止、そして接続停止のコマンドを覚えておきましょう。
接続開始のコマンドは次章のパスワード設定で多少変更します。

MySQLの初期設定を行う

現在はrootユーザーでパスワードなしでデータベースを操作できてしまいます。
これはセキュリティ的によろしくないため最低限の設定だけでも、済ませておきます

先程紹介したMySQLを起動するコマンドを入力後、以下のコマンドでチュートリアルを開始します。

mysql_secure_installation

上記のコードを入力すると対話形式で初期設定の内容を聞かれます。

最初に聞かれるのはパスワードを設定するのに強固なプラグインを使用するか聞かれます

VALIDATE PASSWORD COMPONENT can be used to test passwords
and improve security. It checks the strength of password
and allows the users to set only those passwords which are
secure enough. Would you like to setup VALIDATE PASSWORD component?

Press y|Y for Yes, any other key for No: 

何もキーを押さずにエンターを押すことでスキップすることができるため、エンターでスキップします。

次に聞かれるのがパスワードとなるため、2回入力します

Please set the password for root here.

New password: 

Re-enter new password: 

ここまで入力できたら、残りはエンターを押してスキップで構いません。

ここまでできたら接続にパスワードを使用するようになっています。
また、接続するためのコマンドも変わっています。
以下のコマンドです。

 mysql -u root -p  
>Enter password: 

と上記のようにパスワードを尋ねられるため、先程設定したパスワードを入力します。

画面のプロンプトがmysql>になっていれば接続はOKです。

コメントをお待ちしております

お気軽にコメントをどうぞ。

CAPTCHA