トップへ戻る
BLOGS

WordPress タグクラウド(一覧リスト)の作成

WordPress タグクラウド(一覧リスト)の作成

今回はタグクラウドの作成です。タグが簡単に一覧に並びしかもリンクになって表示できる

WordPressの便利な関数の紹介です。

使用する状況としましては以下、、

  • サイドバーに表示します。
  • ほぼすべてのページに使用します。
  • カスタム投稿タイプに対応

それでは関数の紹介です。

<?php wp_list_categories( $args ); ?>

WordPress Codex 日本語版について

使用例はこちらです。

<ul class="tag_list">
    <?php $args = [
      'title_li' => '',//空白で見出しの文字は無し
      'show_count' => false,//投稿数を表示するかどうか
      'depth' => true,//HTMLをliのみで階層なしの場合はfalse
      'hide_empty' => true,//投稿記事がないカテゴリーを表示する場合はfalse
      'number' => '',//表示件数
      'taxonomy' => 'oja_tags'//categoryはデフォルト。カスタムOK
    ];
    wp_list_categories($args); ?>
  </ul>

引数の$argsは配列として関数の()に渡します。

上記の例以外にもパラメータはたくさんあり以下に紹介します。

wp_list_categoriesパラメータ一覧

'show_option_all'=>'トップページ'

文字列を設定すると、全てのカテゴリーの記事を表示するページ、つまりトップページへのリンクを、カテゴリーリストの先頭に表示します。リンクテキストはこのパラメータで指定した文字列になります。デフォルトは非表示です。

'orderby' => 'name'

カテゴリーのリストのソート(並び順)。デフォルトではカテゴリー名でソートします。

  • name – カテゴリー名のアルファベット順(初期値)
  • ID – カテゴリーID
  • slug – カテゴリースラッグ
  • count – カテゴリーの投稿数
  • term_group – タームグループ
'order' => 'DESC'

カテゴリーのソート順(並び順)。

  • ASC – 昇順(初期値)
  • DESC – 降順
'exclude‘ => 2,4

指定したカテゴリー(複数選択可)を表示させないようにする。表示させないカテゴリーID をカンマ区切りで昇順に指定する。

'include' => 3,4,5,

指定したカテゴリーIDのみを表示させる。複数指定可能。カンマ区切りで昇順に指定する。

'echo' => 0

1か0で指定。リストを取得するなら0(false)にして値として運用する。初期値は1の表示する。

コメントをお待ちしております

お気軽にコメントをどうぞ。

CAPTCHA